• メールカウンセリングルームREST
    心の悩みメール専門カウンセリングルーム

更年期障害とカウンセリング

公開日: : 最終更新日:2015/02/06 心の病 ,

ルームRESTのロゴマーク

更年期障害の多くは自律神経系の症状が多くの場合出てくる。気分が変動する事、めまい、いら立つ事、ホットフラッシュ・・・様々な形での症状を訴える。
最近では男性の更年期も注目されているが、臨床上ではやはり女性の方が圧倒的に多い。
情緒の不安定さを訴えることや、自分の身体が上手くコントロール出来ずに、憂うつさを感じたり、そうした結果によって怒りやすく攻撃的になる状態も起こりやすい。
こうした心理的変化というものは、患者にとって内的なフラストレーションが溜まるもので、大きなストレスを抱える事になる。
更年期はその名称と共に大分社会的地位を築いてきた感じもするが、自律神経系の症状ゆえに目に見えない症状に悩まされることから、他人に理解されにくいことが多い。
理解されない中で体調不良や心理的負荷を感じていると、抑うつ感が増していくことになる。

メールカウンセリングではその心理的負荷を出来る限り取り除いていけるように、患者と語り合っていくことになる。カウンセリングの空間は患者にとって安心できる理解をされる場所である事を実感してもらうことで、情緒の安定にも繋がっていく。
更年期とカウンセリングは結びつかないようなイメージも持たれるが、話すことの大切さ、心のコントロールに役立つ事を多くの患者は感じている。

関連記事

ルームRESTのロゴマーク

心身症とカウンセリング

心身症とは簡単に表現すれば、心理的関与を推測できる生理的反応(頭痛や胃潰瘍など)が慢性化・習

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

自律神経失調症とカウンセリング

自律神経失調症は精神医学的な診断名ではない。原因が不明な状況で不安定な身体症状を訴える際に、

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

幻覚とカウンセリング

幻覚は何かの対象物などのない知覚と定義できる。対象が存在しないのに、何かが触ったと感じたり、

記事を読む

うつ病チェックツール

うつ病とカウンセリング

「うつ」は日常で使われる用語であって、それだけでは心の病とは判断できない。うつ状態は精神疾患

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

統合失調症について

統合失調症は以前に精神部列病と呼ばれていた病名が訂正されたものである。 症状は大きく分けて

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

恐怖症とカウンセリング

一般的に危険でも脅威でもない状況や対象に対して、不相応な恐怖を感じ、自分でも合理的でないと思

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

境界性人格障害とカウンセリング

境界パーソナリティ障害(borderline personality disorder)と関

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

多重人格とカウンセリング

多重人格は二重人格とも呼ばれる。映画やドラマ等に登場する事も多々あるためにご存知の言葉と思う

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

ADHDとカウンセリング

ADHD(attention deficit hyperactive disorders)は

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

躁うつ病(双極性感情障害)とカウンセリング

躁うつ病(双極性感情障害)は、その名の通りに”躁”状態と”うつ”状態を繰り返す病状となる。躁

記事を読む

  • カウンセリングお申込みボタン
  • クレジット払いも可能です。
  • *お申込み頂きながらも、メールアドレスの間違いや迷惑メール設定によって、折り返しご連絡が取れないことが多くなっております。その際は、会社案内ページに記載してあるメールアドレスまでご連絡下さい。

  • モバイル限定割引

    スマホなど携帯端末からのお申込みは割引適用となります。

  • 相談の”輪”キャンペーン。
  • うつ病チェックツール
  • 審査登録されている優良相談室。
  • 日本カウンセリング学会会員ホームページ
  • 日本産業カウンセラー協会会員

  • メールカウンセリング料金の秘密
PAGE TOP ↑