ひきこもり支援について

ここ最近の調査によるとひきこもりの数は全国で推定100万人を超えていると内閣府の調査で分かってきた。調査する時期であったり調査の仕方によって幾らか誤差はあるものですが、どちらにしてもかなりの数の人たちがひきこもりの状態となっていることが分かる。 そして注目すべきなのは、ひきこもりの高年齢化という点も考えないといけない。推定61万人が「40~64歳」のひきこもりという調査になっているのです。これまで […]

カウンセリングを受けるべきだろうか

カウンセリングを受けたいと思いながらも「受ける必要はないのではないか」とか「受けるほどのことではない」あるいは「人の悩みより自分の悩みは軽いから」と判断したり不安に感じて、カウンセリングを受ける事を躊躇される方がおられるものです。では、”どれ程”の悩みならカウンセリングを受けるべきなのでしょうか・・・。 自分が少しでも悩んでいると感じたら。 悩むほどではないけれど、何か心がモヤモヤしている。 誰か […]

オンラインカウンセリングとは

   近年のインターネットの普及により多くの事がネットで出来るようになり、生活面・福祉面・娯楽面で大きな影響を及ぼしてきています。カウンセリングの分野においてもネットを活用した心理相談がアメリカでは早くから、ここ日本においてもここ数年普及してきています。 そうしたインターネットを活用したカウンセリングの総称をオンラインカウンセリングと呼ぶことが一般的となっています。ルームRESTの提供するメール専 […]

認知療法の考え方

カウンセリングの技法の中に認知療法という技法がある。広く使用されるようになった技法ですがどのような考え方のものなのかご紹介したいと思います。認知療法の根底にある考え方としては、古代ギリシャ哲学者が語った言葉が分かりやすい。 「我々は出来事それ自体に影響をうけるのではなく、その出来事をどう解釈するかによって影響を受けるのである。」 ”なるほど”と感じる言葉です。例えば、朝早くに睡眠から目が覚めた時( […]

加齢に伴う喪失感とバランス

    年齢を重ねる事に対して、ポジティブな見方をする人もいれば、ネガティブな見方をする人もいて、人によって感じ方は違うものです。それでもポジティブな印象を持つ人であっても、年齢による体力の衰えや病気がちになること、将来への展望への不安など、心配になる分野が増えることには変わりありません。持っていたものを手放すことになるという”喪失体験”が増えると、心にも影響を及ぼしてくるものです。     喪失 […]

呼吸法によるリラックス効果

    気持ちが落ち着かない、パニックになりそう、不安で仕方がない・・・そのような時に頭の中で「落ち着こう・落ち着こう」と思うのですが、なかなか上手くいかないということはないでしょうか?人は何かを”やめよう”と思えば思う程そのことを頭の中で考えてしまうことがあります。 心と体は密接な関わりがありますので、そうした時に身体をリラックスさせることによって、心を落ち着かせることが出来ます。その身体をリラ […]

メールカウンセリングのメリット

   メールカウンセリングは1990年代の中頃から日本において普及し始めている分野です。メールというコミュニケーションツールの普及によって可能となったもので、それまで対面のカウンセリングには不安を感じるために相談出来なかった方たちが相談しやすい体制を作り出すことが出来ています。    ルームRESTでは、2005年にメール専門のカウンセリングルームを開設し臨床経験を積み重ねております。臨床経験上メ […]

対人関係における印象形成

   人から友人を紹介される時に、その人の情報について聞かされることによって、初めて会う人であってもあらかじめ”どういう人か”という印象を作り出すことがあります。断片的な情報を組み合わせていき、会ったこともない人を思い描いていくプロセスは面白い人の能力でもあります。    実際に初めて会った時に、「印象通りだ」と思うこともあれば、「印象とは違った」ということもある。・・・どうしてこうした事態が起こ […]

対人関係における自己意識

  対人関係スキルを上げていく為に、自分に対する自己評価を正しく行い自尊心を保っていることは大切なことになります。その点で社会心理学の分野などでは”自己意識”という言葉を用いて、自分に対してどのような見方を持っているかを見極めていく理論があります。   この自己意識をさらに細かく分けて①私的自己意識:自分で自分をどう見ているか②公的自己意識:他者からどう見られているか③社会的不安:他者が存在する中 […]

うつ病と運動による予防について

うつ病は日常生活のリズムの変化を生み出すことになります。睡眠リズムの変化であったり、食生活の変化や様々な変化が生じてきます。 そこで運動によってその日常生活のリズムを取り戻すことにより、うつ病を改善・予防することが出来るデータがあります。イギリスのコホート研究という調査結果では、運動によってうつ状態に陥るリスクを下げることが出来る、ということです。 では、なぜ運動がうつ病に良いと言えるのでしょうか […]

1 5