カウンセリングを受けるべきだろうか

カウンセリングを受けるべきだろうか

メールカウンセリングルームRESTのLOGO

カウンセリングを受けたいと思いながらも「受ける必要はないのではないか」とか「受けるほどのことではない」あるいは「人の悩みより自分の悩みは軽いから」と判断したり不安に感じて、カウンセリングを受ける事を躊躇される方がおられるものです。では、”どれ程”の悩みならカウンセリングを受けるべきなのでしょうか・・・。

自分が少しでも悩んでいると感じたら。

悩むほどではないけれど、何か心がモヤモヤしている。

誰かにただ気持ちを話したい。

     人の悩みはそれぞれ同じものはひとつもなく、自分自身が悩んでいることは誰が何と言おうと”心が助けを求めている”ということです。ですから、悩みの”程度”を考えることなく、上記のようなお気持ちになられたら気兼ねなくご相談頂きたいと思います。

いつカウンセリングを受けるか

誰かに相談したいと思っていても日本ではカウンセリングを受ける文化はまだまだ育っていませんし、相談室はそれほど多くありません。病院に行かなければカウンセリングが受けられないという印象も強く、カウンセリングを受ける事に敷居の高さを感じるものです。しかし、カウンセリングは健康だと感じている方でも心の安定を保っていくために積極的に受けて行くことが心の健康予防対策になっていきます。「受けるほどのことではない」と感じられることなくお気軽にカウンセリングを受ける事を検討なさってください。

メールカウンセリングという新しい相談スタイル

関連記事

ルームRESTの提供するメールカウンセリングは、オンラインカウンセリングと呼ばれる方法の一分野になります。オンラインカウンセリングでは他にもZOOMやSkypeなどのテレビ電話を活用したものや、SNSソーシャルネットワークによる繋が[…]

メールカウンセリングの受けやすさ。

メールカウンセリングを含むオンラインカウンセリングは、カウンセリングに対する不安や敷居の高さを低めてくれるものです。ルームRESTでは、さらに安心してご相談いただけるように無料期間を1週間設けており、その後継続されるかどうかをご自身で判断して頂いています。いつでも・どこからでも相談できるのがメールを活用した相談のメリットとなります。心の声を発する場をお作りいただきたいと思います。

心が痛い・モヤモヤする・誰かに気持ちを聞いてもらいたい・・・こうした体験は誰もが経験します。ご自身の心の中だけに苦しい思いを留めてしまわないよう、カウンセリングが普及していくことを願っています。

メールカウンセリングルームRESTのトップページ