心の悩み情報一覧

うつ病と運動との関係について

うつ病は日常生活のリズムの変化を生み出すことになります。睡眠リズムの変化であったり、食生活の変化や様々な変化が生じてきます。こうした生活習慣のリズムが狂ってしまうことは、心身ともに苦しさを感じてしまうことになります。 眠れない日が続いた時・・・体も心も重たく感じたことがあるでしょうか。 そこで運動によってその日常生活のリズムを取り戻すことにより、うつ病を改善・予防することが出来るデータがあります。 […]

うつ病へのカウンセリング

「うつ」は日常で使われる用語であって、それだけでは心の病とは判断できないものです。うつ状態というものは精神疾患・ストレスによるもの・性格・精神病に起因するもの様々な要因で”うつ状態”にはなるものです。では、うつ病と診断される上でどのような症状が出てくるのでしょうか。 うつ病の症状 「うつ病」とはどういう症状が顕著に現れてくるものか・・・。 人それぞれ違うもので”この症状があるからうつ病”とは言えな […]

多重人格へのカウンセリング

多重人格は二重人格とも呼ばれる。映画やドラマ等に登場する事も多々あるためにご存知の言葉と思う。診断基準のDSM-Ⅳでは、解離性同一性障害(dissociative identity disorder)と呼ばれている。 主人格の時、ある時には別の人格、また別の時には別の人格・・・と、人格が入れ替わることになる。 ”同一性”というのは、「自分は自分である」という確信のもと、どんな状況でも変わることのな […]

アダルトチルドレンについて

アダルトチルドレンについて アダルトチルドレンという言葉は一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。本来adult children of alcohlicsというもので、アルコール依存や嗜癖行動が主な原因として、家庭機能が崩れた中で成長した成人した子供のことをいう名称です。 そうした機能不全の環境にある家庭の中にあって、精神的・肉体的に虐げられながら生活をしてきた経験が多くの場合存在します。 […]

恋愛とカウンセリング

人は異性に対して恋愛感情を抱くのは自然なことである。生育的背景が似ていたり、性格が似ていたり、一緒に居て楽しいと感じたりする相手に対して、恋愛感情を持つことがある。 しかし、恋愛は結婚にいたるまでの過程とも言えるが、相手の感情も関係する者で”思うようにいかない”と感じ悩むことがありえる。 そうした時に相談出来る相手がいないなら、憂鬱を感じたり無気力になったり、日常生活に影響が出てきたりするものであ […]

癌患者へのカウンセリング

サイコオンコロジー(psyco-oncology)という分野は、主に悪性腫瘍いわゆる癌に対して、精神面からアプローチしていく学問となる。 この学問学会の定義によると、癌に関わる事になる患者・ご家族・ケアする人の情緒的な反応。また発症・死亡率に影響を与える心理的・行動的・社会的な要因に対して扱う学問となる。 癌はご承知のとおり、一般化したと言えるほど多くの方が罹患している状況だが、それに関わる人全て […]

教師へのカウンセリング

教師の抱えるストレス 児童に対しての心の問題への取り組みは積極的に行われるようになってきているが、教師へのストレス対策は十分とは言えない現状にある。 しかし、児童を教え心理面でも支えていく為には、教師のメンタルが安定している必要があるが、省みられることが少なく、追い込まれ休職する教師が増えている。年間5000人の教師たちが心の病で休職しているという報告も上がってきているのが現実です。 教師のストレ […]

妄想へのカウンセリング

妄想という言葉はよく使われるものです。軽い気持ちで相手に対して「それは妄想だよ」と言ったりする事もあるかもしれませんし、言われたことがあるかもしれません。 しかし、カウンセリングに相談に来られる方の妄想と言うものは、そうした軽く言われるようなものではなく、強い確信の伴ったもので周囲から否定されても訂正する事が出来ないほどの確信を持ってもっています。いわゆる病識がない、という状況になります。 一方で […]

更年期障害へのカウンセリング

更年期障害への理解 更年期障害の多くは自律神経系の症状が多くの場合出てきます。気分が変動する事、めまい、いら立つ事、ホットフラッシュ・・・様々な形での症状を訴えるようになります。それらの一つ一つの症状はご本人にとって本当に辛く、人に伝えても”更年期だから”と軽くみられているように感じる事も生じてきます。 最近では男性の更年期も注目されていますが、臨床上ではやはり女性の方が圧倒的に多いのが現状です。 […]

冬季うつ病へのカウンセリング

冬季うつ病の要因 冬季うつ病というのは、その名のとおりに冬の時期にうつ病のような症状が出てくるものです。 人の身体は約1日(24時間)で刻まれているリズムを持っています。「体内時計inter clock」という方が分かりやすいでしょうか。それに加えて、外部からの刺激を受ける事で、体内時計が狂ってくることがあります。 外部からの刺激というのは、時計を見ることであったり、日に当たる時間であったりするも […]