メール専門心の悩み相談室。2005年から長年信頼され、おすすめできるサービスを提供しています。

40代・50代女性の心のケア

メールカウンセリング専門心の悩み相談室

何かモヤモヤする・頑張りたいけど力が出ない・イライラすることが多くなった・欲求を感じにくくなった・・・など、40歳前後から感じやすくなる傾向があります。実際のカウンセリング場面においても、30代後半から40代・50代の女性の方から心身の不調を訴えられることは多いです。

これまであらゆる経験をされてキャリアを積まれてきた中で、そのような心の不調を感じたとしても、なかなか相談することが出来なくて独りで頑張ろうとされておられないでしょうか?

主婦という立場の方も多く相談する時間を持てなかったり、自分の心のためにお金を使うのは気が引けるという方もおられないでしょうか?

このページをご覧頂いた方だけの割引特典をご用意しております。少しでも心のケアを受けやすいと思って頂きたいという願いです。お申込みページに「ご質問など」の欄がありますので、そこへ「女性の心のケアクーポン」とご記入頂くだけです。モバイル割など他の割引との併用も可能です。是非メールカウンセリングで心を労って下さい。

女性専用クーポン

40代・50代女性の心の変化

ファッション雑誌「美的GRAND」による40代女性をターゲットにした調査によると、8割以上の女性がネガティブな感情で心が揺れている状態にあるということです。
これは厚生労働省のうつ病調査とも幾らか合致する結果となっています。(H29)
下の図は年齢別に割合を示すための簡易の表ですが、40代前後を境にうつ病が増えていることが分かります。
40代以降の女性のうつ病罹患割合は多くなっています。

こころの不調の要因は?

この時期の女性にうつ病や心の不調が多い一つの要因は、妊娠や出産や更年期などの女性ホルモンのバランスも影響があると考えられます。
それと共に人生のライフサイクルを考えた際に、40代前後において結婚するかどうかの岐路に立たされたり、子育てをしてきた中で子供が自立するタイミングに入ったり、親の介護の必要が生じる時期に入ったり、職場におけるキャリアにおいて理不尽さを感じるようになったり、加齢に伴う体の変化・・・40代以降にストレスフルな事態に直面することが多くなり心が揺らぎ始めると言えます。
「いろいろなことを抱えているのに、助けてくれる人がいない・・・話しを聞いてもらえる人がいない。」と感じることはないでしょうか?

女性の心の悩みの要因

メールカウンセリングは40代・50代の女性に人気のサービスです。

40代になるとご経験を積んできておられるので、お一人で問題を解決する能力を持っておられます。それゆえに”頑張り過ぎる”ことで、少しずつ心に疲れが溜まりイライラしたり、心がモヤモヤするようになったり、睡眠不足になったり、欲求の充足に興味がなくなったりして、次第にこころの不調を感じるようになります。
カウンセリングはそのようなすべての女性を後押しするためのものではあるのですが、なかなか時間が無かったり、心の問題を相談する勇気が出なかったりしてカウンセリングを受ける方は少ないのが現実です。

その状況を打開できるのがメールを用いたオンラインカウンセリングです。
テレビ電話を用いたものやチャットを用いるカウンセリングも確かに有効ではありますが、決められた時間に行う必要があるために難しさを感じられる女性も多くおられます。
一方でメールカウンセリングの場合は、空いた時間に場所を気にせずに、そして誰にも知られずに心の声を発することが出来るので、”気軽に相談できる”とご好評いただいています。

ルームRESTのメールカウンセリングは無料体験から始められ、その後も低料金定額制のカウンセリングなのでお気軽にお申込みいただき、心の不調を抱えやすい40代・50代においても心軽やかにお過ごし頂ければと思います。まずはお試しください。

メールカウンセリング専門相談室ルームREST

【参考文献】
(1)美的.COM(40代女性の8割以上が「プチうつ」に。不安、モヤモヤ、生きづらさ…心のゆらぎ解放術|美的GRAND | 美的.com (biteki.com)
(2)厚生労働省(ホーム|厚生労働省 (mhlw.go.jp)