• メールカウンセリングルームREST

多重人格とカウンセリング

公開日: : 最終更新日:2015/02/06 心の病

ルームRESTのロゴマーク

多重人格は二重人格とも呼ばれる。映画やドラマ等に登場する事も多々あるためにご存知の言葉と思う。診断基準のDSM-Ⅳでは、解離性同一性障害(dissociative identity disorder)と呼ばれている。
主人格の時、ある時には別の人格、また別の時には別の人格・・・と、人格が入れ替わることになる。
”同一性”というのは、「自分は自分である」という確信のもと、どんな状況でも変わることのないもので、行動や思考、感情全てで統合されていて一つのまとまりと言える。
この”同一性”が解離すること・・・つまり本来一つの人格という同一性が失われる、ということになる。

要因としては、外傷経験によるものが多いと感じられる。その他にも環境要因なども考えられる。
例えば、深く傷つく感情を、平常時に常に感じているのは辛い事である。その感情を切り離してしまうと、平常時に感じる負担は軽減されるものとなる。
この切り離された感情が人格を構成して多重人格となって現れる・・・という形になる。

メールカウンセリングにおいては、顔と顔を合わせてのカウンセリングではない為に、交代人格について把握しきれない部分もあるのは事実である。しかし、多重人格者は自分を理解してもらいたいと思いながら、理解を得られない気持ちを強く持っていることも多い。
また、誰も助けてくれないと感じたり、裏切られる体験から自尊心を傷つけられていることも多い。
メールカウンセリングでは、その部分に焦点を当てながら、その人格において不適応は何か話し合いを進めていく。薬物療法も必要となることもあり、医師との連携も大切となる。

関連記事

ルームRESTのロゴマーク

ADHDとカウンセリング

ADHD(attention deficit hyperactive disorders)は

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

摂食障害とカウンセリング

摂食障害とは、何らかの器質的疾患やうつ病など精神疾患に起因するものではない、精神的な原因によ

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

癌患者とカウンセリング

サイコオンコロジー(psyco-oncology)という分野は、主に悪性腫瘍いわゆる癌に対し

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

心身症とカウンセリング

心身症とは簡単に表現すれば、心理的関与を推測できる生理的反応(頭痛や胃潰瘍など)が慢性化・習

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

PTSDとカウンセリング

外傷後ストレス障害・PTSDとして知られるようになっているものについて。 極端な外傷になる

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

更年期障害とカウンセリング

更年期障害の多くは自律神経系の症状が多くの場合出てくる。気分が変動する事、めまい、いら立つ事

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

統合失調症について

統合失調症は以前に精神部列病と呼ばれていた病名が訂正されたものである。 症状は大きく分けて

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

アスペルガー症候群とカウンセリング

アスペルガー症候群は少し前から”アスペルガー”という名前が知れ渡っている症候群である。 対

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

自律神経失調症とカウンセリング

自律神経失調症は精神医学的な診断名ではない。原因が不明な状況で不安定な身体症状を訴える際に、

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

うつ病と運動による予防について

うつ病は日常生活のリズムの変化を生み出すことになります。睡眠リズムの変化であったり、食生活の

記事を読む

  • メールカウンセリングのお申込みはこちら
  • クレジット払いも可能です。
  • モバイル限定割引
  • 相談の”輪”キャンペーン。
  • うつ病チェックツール
  • 審査登録されている優良相談室。
  • 日本カウンセリング学会会員ホームページ
  • 日本産業カウンセラー協会会員
  • メールカウンセリング料金の秘密
PAGE TOP ↑