うつ病と顔つき

ルームRESTのLOGO

うつ病に気づく上で、”顔つき”という表情から分かることがあるのでしょうか。「あの人は暗い表情だからうつ病になったのではないか」「表情の変化がないから心の問題を抱えているではないだろうか」・・・など、表情から人の心の状態を知ろうとすることがあるかもしれません。

顔つきでうつ病だと判断できるか

本当に表情でうつ病かどうか分かるのでしょうか・・・・。

結論から言うなら”分かることもあれば、分からないこともある”ということになります。煮え切らない答えかもしれません。

なぜそのようにしか言えないかと言うと、”うつ病だからこういう表情になる”という診断的な変化はないからです。
それでもうつ病の方の表情はどこか暗い表情をしている・・・ということも感じられることがあるかもしれません。(個人差があります。)
どのように説明できるのでしょうか・・・。

この点は、うつ病の症状を考えると理解することが出来ます。
例えば・・・・

  • 眠れなくなる。
  • 興味が無くなる。
  • 疲れが取れていない。
  • 元気が出ない。

といったうつ病で生じる事のある症状を感じているとします。それぞれの症状を経験する時、皆さんはどのような表情になるでしょうか?

誰もが眠れない状態で朝目覚めてしまうと、目が重くうつろな表情になってしまいます。
何か好きだったものに興味がなくなるなら、脱力するような顔の筋肉の使い方が変化しているものです。
疲れが取れず元気が出ない時、誰しも顔に活力が無くなり、ため息も出やすくなるものです。

こうした症状の事を考えてみると、うつ病だからこのような表情になるということではなく、症状ゆえに顔つきが変わることがある・・・と考えていくことが出来ます。

うつ病のサインとして気づいてあげる

自分自身の顔つきについて、自分ではなかなか”いつもと違う”と判断するのは難しいものです。そして、顔つきは人それぞれですから、全くの他人が人を判断することは出来ません。それゆえに、身近な人やご家族は「普段と表情が違う」と気づいてあげることができます。この表情はうつ病の症状が出ているサインではないか・・・と注目してみてあげると、早期発見・早期治療に繋がるものです。

メールカウンセリングと表情

メールカウンセリングはうつ病の方に対しても有効なものです。それでも、当然メールでのやり取りですから表情を見て、情報を読み取っていくことは出来ません。それはメールカウンセリングのデメリットになるのは事実です。ただ、それを補う以上の”メールだから話しやすい”というメリットがあります。対面カウンセリングでは思ったことを話せないという方が、メール相談だと何でも話せていつでも思ったことを話していける、と言われる方がほとんどです。

ルームRESTのトップページ