• メールカウンセリングルームREST
    心の悩みメール専門カウンセリングルーム

「 不安 」 一覧

更年期障害とカウンセリング

更年期障害の多くは自律神経系の症状が多くの場合出てくる。気分が変動する事、めまい、いら立つ事、ホットフラッシュ・・・様々な形での症状を訴える。 最近では男性の更年期も注目されているが、臨床上

続きを見る

自律神経失調症とカウンセリング

自律神経失調症は精神医学的な診断名ではない。原因が不明な状況で不安定な身体症状を訴える際に、内科領域で自律神経失調症と呼ぶことがある。 これらの症状は、交感神経と副交感神経(自律神経)のバラ

続きを見る

醜形恐怖症とカウンセリング

2015/02/03 | 心の病 ,

自分の身体に関して、客観的に異常が見られない中にあって、自己の身体の一部分(顔・髪・顎・足・腕・鼻・・・)が醜いと感じ、それを確信している状態を醜形恐怖という。 その確信から美容整形を受診す

続きを見る

不登校とカウンセリング

経済的な問題・身体疾患・物理的な条件などの問題が無い状態で、学校等に長期に登校しない状況を不登校という。”しない”というだけでなく、神経症状などで”出来ない”ということもありえる。 不登校の

続きを見る

職場のストレスとカウンセリング

職場でのストレスは、経済・社会・政治・文化など社会状況の変化に敏感に関わってくるものとなる。 業種によってもストレスは様々あるが、職場でのストレスによって、日常生活に影響が出てくる事も多い。

続きを見る

ストレスとカウンセリング

ストレスという言葉は日常よく使う言葉でもある。気軽に「ストレスを感じる。」と使う事も多いが、カウンセリングに相談に来る段階では、”気軽”に言う事が出来なくなっていることがほとんどでもある。

続きを見る

パニック障害とカウンセリング

パニック発作を伴うパニック障害は患者当人にとってとてつもなく不安になる経験となる。 乗り物を途中下車することになったり、買い物で並んでいたレジで不安が強まりいたたまれなくなったり・・・。

続きを見る

摂食障害とカウンセリング

摂食障害とは、何らかの器質的疾患やうつ病など精神疾患に起因するものではない、精神的な原因によって食行動の異常をきたすものである。 食べないことによって極端な痩せを主な徴候とする神経性食思

続きを見る

不安障害とカウンセリング

不安神経症については二つの面が見られる。 ・何か悪いことが起こってしまうのではないかといった予期不安とその不安の対象がいろいろと変動する浮動性不安を主とする慢性の不安状態。 ・急性の不

続きを見る

  • カウンセリングお申込みボタン
  • クレジット払いも可能です。
  • *お申込み頂きながらも、メールアドレスの間違いや迷惑メール設定によって、折り返しご連絡が取れないことが多くなっております。その際は、会社案内ページに記載してあるメールアドレスまでご連絡下さい。

  • モバイル限定割引

    スマホなど携帯端末からのお申込みは割引適用となります。

  • 相談の”輪”キャンペーン。
  • うつ病チェックツール
  • 審査登録されている優良相談室。
  • 日本カウンセリング学会会員ホームページ
  • 日本産業カウンセラー協会会員

  • メールカウンセリング料金の秘密
PAGE TOP ↑