メールカウンセリングのメリット

メールカウンセリングのメリット

   メールカウンセリングは1990年代の中頃から日本において普及し始めている分野です。メールというコミュニケーションツールの普及によって可能となったもので、それまで対面のカウンセリングには不安を感じるために相談出来なかった方たちが相談しやすい体制を作り出すことが出来ています。

   ルームRESTでは、2005年にメール専門のカウンセリングルームを開設し臨床経験を積み重ねております。臨床経験上メールによるカウンセリングに関しては、”気軽に話せる”という面で対面にはないメリットがあると感じます。カウンセリング場面において自分の気持ちを話し、内面と向き合いながら心を整理していくことが必要ですが、緊張ゆえに対面カウンセリングでは話せない方にとって、あるいは”こんな悩み事はカウンセリングでは話せない・話すべきではない”と感じる方にとって、メール相談は有効で、安心できる空間を作り出すことが出来ています。メリットを一部あげると・・・

・不安をあまり感じない形で気軽に思いを話せる。

・人に知られずに相談できる。

・料金が安く、体験しやすかったり、継続しやすい環境にある。

・自分のペースで話していける。

   メリットがあればデメリットもあります。カウンセリングは表情などを見ながらクライエントの気持ちを把握することもありますが、当然メールではそれが出来ません。メールの行間・表現などで補っていくことになります。デメリットをあげると・・・

・表情が見えないので言葉で表現しなければ気持ちが伝わらないことがある。

・緊急事態に対処しにくい。

・リアルタイムでのやり取りが難しい。

   メールカウンセリングはカウンセリングの分野においては比較的新しい形の相談体型ですが、メールやSNSが普及して思いを話しやすい環境になっている現代社会ですので、有用なツールとこれからもなっていくことでしょう。

   本来カウンセリングは心の病の時の為だけではなく、心を調整するためのものでもあります。お気軽にお申込みいただき、体験して頂ければと思います。

メールカウンセリングルームRESTのLOGO