グリーフケアとカウンセリング

メールカウンセリング専門心の悩み相談室
グリーフという言葉をお聞きになられたことがおありでしょうか。
この言葉は「悲嘆」や「苦悩」などを表す言葉です。何かを失うこと「喪失」体験を味わうことは人生の中で様々あります。そうした時に感じる”グリーフ”を癒すことをグリーフケアと言います。
大きな悲嘆経験に家族や身内の死があります。自然災害に巻き込まれてあらゆるものを”失う”こともあります。そのような大きな喪失ではなくても失業・転勤・結婚・出産などいろいろな場面で実は喪失体験をしていて、影響を受けているものです。
そうしたグリーフを抱えた人に、寄り添い、心を共にし、ありのままの相手を受け入れ、その人が自立していくことを目指し支援することが大切です。

悲嘆の反応

深い悲しみや喪失体験をした際に、どのような影響を受けていると言えるでしょうか。
大きく3つに分けて、
・心の反応
・身体的な反応
・QOL(生活の質)の反応
を挙げることが出来ます。

心の反応

失くしたものを慕う気持ちを中心に、感情が麻痺する・怒りや恐怖を感じる・不安・罪悪感・寂しさ・無気力など精神症状が現れてきます。

身体的な反応

食欲不振あるいは増加・体力低下・動悸・睡眠障害・自律神経失調・便秘や下痢など、あらゆる身体反応が生じます。

QOLの反応

落ち着きがなくなったり、逆に躁状態のようによく動いて仕事に打ち込んだりします。失くしたものが頭に残り涙が溢れてきたり、ぼんやりとした表情も見られます。
こうした3つの分野の反応は、一つだけは現れるということは少なく、症状が絡み合ったり混在する形で現れることが多いものです。そして、精神的落ち着きを取り戻していたように思えても、何かの出来事をきっかけとして悲嘆反応が現れることもありますので、しっかりと心をケアしていくことは重要なことです。

グリーフ(悲嘆)を癒すために

・悲嘆反応によってどんな症状が起きる可能性があるのか、知識として情報を取り入れてください。その知識によって「あ~これは喪失体験からくる反応なんだ」と”自分”に目を向けずに、”状況ゆえに”生じていることを心は確認できます。
・悲しみを抑え込まず、何らかの形で感情を心から出してあげます。安心できる相手を探し、話すことが出来ます。でも、無理に話す必要はありません。話せば何でも整理できるというのは間違いで、いつ話すか、どのように話すかによって心が整理しやすい環境を作ってあげられます。聞き手は”聴く”だけで十分なことが多いです。
この点でカウンセリングを受けることは、グリーフを癒す上で役立つことでしょう。

グリーフケアとメールカウンセリング

喪失体験は誰しも経験するものです。そして、その反応の仕方は人それぞれで、何も症状が現れない人もいれば、大きな悲嘆反応を生じる方もおられます。その反応を恥ずかしがる必要はなく、心が安心する環境を作り出してください。メールカウンセリングはご自宅にいながら、気軽に心の声を発することの出来るカウンセリング手法です。
どうぞ気軽に相談なさってくださいね。

メールカウンセリング専門相談室ルームRESTのサービス