新型コロナウイルスと心のケア

メールカウンセリング専門心の悩み相談室

2020年春現在この記事を書いているのは、世界中でコロナウイルスが広がりを見せ、日本でも厳戒態勢が取られつつある状況です。コロナウイルスの封じ込めや感染症対策などは心の専門家の行うところではないので、間違った情報を流してはいけませんので述べる事はしません。
ただ、心のケアを必要とする時期に来ていることを多くの人が認識できるようにと願っています。

感染症と心のケア

コロナウイルスを含め、感染症と心のケアとにどのような関わりがあるのでしょうか。
まず、自分がいつ見えないウイルスに感染してしまうのか、不安が生じてきます。それも、徐々に広がりを見せ規模が拡大して行っている状況では、不安から恐怖に変わることもあることでしょう。

長期的に対策が必要となってくる時、今後の事が見通しが立たない時・・・不安はさらに強くなるものです。

実際に感染するという事態にも生じてきます。誰にでもかかり得る流行病だからです。実際に感染した場合には、身体的な苦しみに加えて、自己嫌悪の気持ちや周囲の目に対しての恐れなども生じてきて、不安が強くなります。

だからこそ、誰にでも心のケアが必要となっているのです。

不安から安定を求めて

臨床上の経験になりますが、不安が強くなるとそれを緩和しようとして、誰かを責めてみたり自分ではないところに責任を見つけようとすることがあります。コロナウイルスの感染に関しても、懸念すべき状況が幾らか見られています。

本来感染した人は守られるべき存在で、治療に専念できるよう助けてあげる必要があります。
しかし、全体的に不安が高まっていると、「なぜそんな行動を取ったのか」「もっと人の事を考えたら良かったのに」「あなたの責任で多くの人が困っている」・・・といった、責任を取らせるような見方をすることがあります。そうすることで自分の感じる不安を心が軽減しようとするのかもしれません。

今はネット社会ですので、そうした見方が一度発信されると、同調するように大勢の人が責任者探しをしてしまう風潮が出来上がり、責められる人の心は大きな傷を作ってしまいます。

勇気を持って心を支え合う

誰かを責める事で、不安は一時的に軽くなる感覚を受ける事はあります。ただ、それはあくまで一時的なもので長続きしません。次の不安解消となるターゲット探しに繋がってしまいます。

そういう負のスパイラルではなく、もし何人かで集まりそうした話しになるなら「感染した人を支えてあげないと」「その人も努力しながら感染したのだろうから、明日は我が身だよね」ということを勇気を持って言えるなら、その一言で負のスパイラルが断ち切られる可能性が大きくなります。

今は支え合うことで、社会的にも心のケアに繋がるのだと思います。

決して感染者を責めてしまう風潮が作られる事がないことを、心の専門家としては願うものです。

感染症とカウンセリング

不安はなかなか一人では取り除けないことも多いものです。誰かに話すことだけでも大きな心の軽さを感じられますので、一人で抱え込まないようにしましょう。そして、専門家に話すことも必要な時があることも覚えておくのは良いことです。探すと政府などが提供している無料の”話せる場”もありますので活用できるでしょう。
ルームRESTでも有料になりますが、不安を軽減させるために有効なメールカウンセリングを提供しております。お気軽にお越しください。
メールカウンセリングのお申込みボタン