CATEGORY

心の病カテゴリー

統合失調症へのカウンセリング

統合失調症は以前に精神部列病と呼ばれていた病名が訂正されたものです。 精神分裂病という表現は聞いただけで強烈な印象を与えていたものなので、病名の訂正は良い判断と言えるのではないでしょうか。 症状の分類 症状は大きく分けて二つの面に分類される。 ・陽性症状;幻覚・妄想・思考障害・自我障害など。 ・陰性症状;引きこもり・感情の平板化・無関心など。 原因 思春期青年期に発症しやすく原因がはっきりとはつか […]

摂食障害へのカウンセリング

摂食障害とは、何らかの器質的疾患やうつ病など精神疾患に起因するものではない、精神的な原因によって食行動の異常をきたすものです。 摂食障害の種類 食べないことによって極端な痩せを主な徴候とする神経性食思不振症(anorexia Nervosa):周りから見ると十分に痩せているように見えても、本人は痩せようとダイエットを続けていきます。極度の体重増加への恐れを感じているものです。 むちゃ食いを主な徴候 […]

不安障害へのカウンセリング

不安は誰もが感じる感情です。正常な不安であれば時には能率を上げたり、運動選手であれば能力が高まる事さえあるものです。 しかし、不安障害に悩む方はそうした通常の不安とは違う、より一層自分に向かって攻め込んでくるような不安を感じておられ、一度だけでなく何度も恐怖を感じるような不安な気持ちから助けを求めている状況と言えます。 不安を抱えている心の状態の時、言葉では言えないような落ち着かない気持ち、誰かに […]

PTSDへのカウンセリング

PTSDとは 外傷後ストレス障害・PTSDとして知られるようになっているものについて。 極端な外傷になるような出来事に遭遇した直後に起きる精神的障害として、「急性ストレス障害」というカテゴリが診断基準で設けられています。 急性ストレス障害はその出来事から4週間以内に起こり最低でも2週間、最大で4週間不安や感情麻痺などが続く状態を主な特徴とする精神疾患です。 この症状は4週間以内でおさまる事もありま […]

人格障害へのカウンセリング

人格(personality)というのは、一貫性ある認知・感情・行動のあり方であるが、それが偏り固定化されたことによっておこる”非適応状態”を人格障害(personality disorder)と読んでいます。 人格障害に関しては、メカニズムや治療方法など研究者や臨床家など意見が一致していないのが現状ですので断定的な事は言う事が出来ません。 人格的な偏りのために適応的な行動や判断が出来ず、また感情 […]