AUTHOR

k.hosokawa

不登校へのカウンセリング

経済的な問題・身体疾患・物理的な条件などの問題が無い状態で、学校等に長期に登校しない状況を不登校と呼ばれています。”登校しない”というだけでなく、神経症状などで”出来ない”ということもあり得る事でしょう。 不登校の問題は、学校生活の問題・家庭生活の問題・当人の性格等様々な問題が重なりあってくることが多いものです。 年齢が幼いほど親子関係など家庭環境の影響が大きかったり、年齢が高くなってくると友人関 […]

ADHDへのカウンセリング

ADHD(attention deficit hyperactive disorders)は注意欠陥・多動性障害とも言われる。 年齢に比べると、注意の集中に障害を感じたり、衝動的であったり、極端に多動で落ち着きが無かったりします。そのため集団行動において適応できなくなり問題になることが多く生じてきます。 子供のADHDに目が向きがちですが、大人のADHDも最近注目されつつありますのでニュースなどで […]

アスペルガー症候群へのカウンセリング

アスペルガー症候群については、少し前から”アスペルガー”という名前が知れ渡っている症候群です。アメリカ精神医学会の診断マニュアルではこの症候群については取り上げられず、自閉症の部分で幾らか症状などが取り上げられています。 対人関係においての問題が表に出てきますが、これまで考えられていた基準があいまいでもあり軽い印象で”アスペルガー”という言葉が使われているようにも思われます。 しかし、軽くこの言葉 […]

職場の悩みをカウンセリングで相談

職場でのストレスは、その職場にとって大きな問題となり得るものです。「自分の会社は健全な会社だ」と自負していても、実は職場の内部でいじめ体質があったり、いじめ程ではなくても働き難い人間界が構築されていたりすると、生産性にも関わってくることになるのです。ですから、職場のストレス改善対策は経営者にとっても重視しなければ問題となります。 業種によってもストレスは様々ありますが、職場でのストレスによって、日 […]

幻覚へのカウンセリング

幻覚は何らかの対象物などのない知覚と定義できます。難しい表現の定義ですが、平たく言うと対象が存在しないのに、何かが触ったと感じたり、何かが聴こえたり、何かが臭ったりするということです。 幻覚といっても、幻視・幻聴・幻味・幻臭・幻触・体感幻覚など分類は多く、一つの分野の幻覚が感じられる事もあれば、幻視も幻聴も聞こえるなど複数の感覚で感じる事もあるようです。 訴えの多い幻覚 その中でもメールカウンセリ […]

死別への対応とカウンセリング

「死」は誰にとっても避けられない現実である。その中で、身近な者の死・配偶者の死・親族の死というのは、心にぽっかり穴が開いたような、受け入れがたい現実である。 臨床経験ではその出来事に直面したクライエントは、現実を受け入れられない状況であったり、混乱ゆえに頭が真っ白であったり、感情が麻痺したり、様々な心理的変化を訴える。 米国の精神分析医のキューブラーロスによると心の変化を次のような段階に説明してい […]

ストレスへのカウンセリング

ストレスという言葉は日常よく使う言葉でもあります。気軽に「ストレスを感じる。」と使う事も多いものですが、カウンセリングに相談に来る段階では、”気軽”に言う事が出来なくなっていることがほとんどです。 ストレスというのは、外部から加えられた負荷のために発生している緊張した状態を示します。 ストレッサーとは そのストレスを与えるものをストレッサーと言いますが、ストレッサーには大きく分けて2種類あり、寒さ […]

パニック障害へのカウンセリング

パニック発作を伴うパニック障害はクライエント当人にとってはとてつもなく不安を増強させる体験になります。 乗り物を途中下車することになったり、買い物で並んでいたレジで不安が強まりいたたまれなくなったり・・・。 パニック障害に対しての感想 「その時は死んでしまうような気がして、じっとしていられなかった。」 「もう二度とパニックになりたくないから、その場所には行かない。」 「きっと次も同じ様にパニックに […]

恐怖症へのカウンセリング

生活している環境の中で一般的に危険でも脅威でもない状況や対象に対して、極度の恐怖を感じ自分でも合理的でないと思いながらも恐怖を感じ続け、その場面や対象を避けようとしてしまう。こういう状態を恐怖症と呼ばれる。 恐怖症の種類 この恐怖症と呼ばれるものはさまざまな場面や対象で生じてくるものです。 場面恐怖・外出恐怖(家の外に出られない)・対人恐怖・高所恐怖・密閉恐怖(エレベーターや乗り物に乗れない)・疾 […]

人間関係の悩みについてカウンセリングで相談

自分の交友関係がストレスのないものだと毎日の生活が楽しくなるものです。一方で家庭であるいは職場で、あるいはその両方で人間関係が気まずいものとなっているなら、ストレスが生じてその場に身を置くこともしんどくなるものかもしれません。それは、眠れなくなったり頭痛を生じさせたり身体症状として表れてくることもあります。 人間の多様性 日常生活では多くの人と接し、様々な相互作用を感じながら生活を送っています。支 […]