• メールカウンセリングルームREST

冬季うつ病とカウンセリング

公開日: : 最終更新日:2015/02/06 心の病

ルームRESTのロゴマーク

冬季うつ病というのは、その名のとおりに冬の時期にうつ病のような症状が出てくることである。
人の身体は約1日(24時間)で刻まれているリズムを持っている。「体内時計inter clock」という方が分かりやすい。それに加えて、外部からの刺激を受ける事で、体内時計が狂ってくることがある。
外部からの刺激というのは、時計を見ることであったり、日に当たる時間であったりする。そうした刺激を取り除いた上で人は24時間を一日とする生体リズムを持っている。

うつ病の人はこの体内時計による1日が短縮されている・・・と言われている。
冬になると日照時間が短くなり夏場などの日照時間が長い時に比べて、生体リズムが短縮される傾向が出てくるようだ。
それにより、うつ病のような症状が出てくることになる。倦怠感や気力が出なくなることや睡眠障害も出てくる。

多くの場合冬場を過ぎると健康な状態に戻る事がしばしばみられる。
この日照時間の影響を考えると、梅雨時期なども影響が考えられてくる。

メールカウンセリングではしっかりとどのような症状が出ているのかをカウンセリングを通して把握していくことになる。どんな症状が苦痛を与えているのか、体内時計を戻していく為に何が出来るか、季節性のものではないうつ病ではないか・・・共に検討していくことになる。

関連記事

ルームRESTのロゴマーク

PTSDとカウンセリング

外傷後ストレス障害・PTSDとして知られるようになっているものについて。 極端な外傷になる

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

うつ病と運動による予防について

うつ病は日常生活のリズムの変化を生み出すことになります。睡眠リズムの変化であったり、食生活の

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

人格障害とカウンセリング

人格(personality)というのは、一貫性ある認知・感情・行動のあり方であるが、それが

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

更年期障害とカウンセリング

更年期障害の多くは自律神経系の症状が多くの場合出てくる。気分が変動する事、めまい、いら立つ事

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

ADHDとカウンセリング

ADHD(attention deficit hyperactive disorders)は

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

アスペルガー症候群とカウンセリング

アスペルガー症候群は少し前から”アスペルガー”という名前が知れ渡っている症候群である。 対

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

パニック障害とカウンセリング

パニック発作を伴うパニック障害は患者当人にとってとてつもなく不安になる経験となる。 乗り物

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

醜形恐怖症とカウンセリング

自分の身体に関して、客観的に異常が見られない中にあって、自己の身体の一部分(顔・髪・顎・足・

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

自律神経失調症とカウンセリング

自律神経失調症は精神医学的な診断名ではない。原因が不明な状況で不安定な身体症状を訴える際に、

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

摂食障害とカウンセリング

摂食障害とは、何らかの器質的疾患やうつ病など精神疾患に起因するものではない、精神的な原因によ

記事を読む

  • メールカウンセリングのお申込みはこちら
  • クレジット払いも可能です。
  • モバイル限定割引
  • 相談の”輪”キャンペーン。
  • うつ病チェックツール
  • 審査登録されている優良相談室。
  • 日本カウンセリング学会会員ホームページ
  • 日本産業カウンセラー協会会員
  • メールカウンセリング料金の秘密
PAGE TOP ↑