• メールカウンセリングルームREST

うつ病と運動による予防について

公開日: : 心の病

ルームRESTのロゴマーク

うつ病は日常生活のリズムの変化を生み出すことになります。睡眠リズムの変化であったり、食生活の変化や様々な変化が生じてきます。

そこで運動によってその日常生活のリズムを取り戻すことにより、うつ病を改善・予防することが出来るデータがあります。イギリスのコホート研究という調査結果では、運動によってうつ状態に陥るリスクを下げることが出来る、ということです。

では、なぜ運動がうつ病に良いと言えるのでしょうか・・・?運動を行うと体力を使います。身体的な疲れによって睡眠を取りやすくなったり、食習慣にも良い影響を及ぼすことになります。また外で運動を行うなら日光にあたることになり、うつ症状に有効な成分を体内で生成することになります。

うつ状態の際に運動をすることは確かに力が要るものですが、疲れ果てるほど運動を行う必要はありません。少し近所を散歩してみる・・・など、何か自分でできる事を探してみるのも良いかもしれないですね。

関連記事

ルームRESTのロゴマーク

境界性人格障害とカウンセリング

境界パーソナリティ障害(borderline personality disorder)と関

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

人格障害とカウンセリング

人格(personality)というのは、一貫性ある認知・感情・行動のあり方であるが、それが

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

パニック障害とカウンセリング

パニック発作を伴うパニック障害は患者当人にとってとてつもなく不安になる経験となる。 乗り物

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

統合失調症について

統合失調症は以前に精神部列病と呼ばれていた病名が訂正されたものである。 症状は大きく分けて

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

自律神経失調症とカウンセリング

自律神経失調症は精神医学的な診断名ではない。原因が不明な状況で不安定な身体症状を訴える際に、

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

冬季うつ病とカウンセリング

冬季うつ病というのは、その名のとおりに冬の時期にうつ病のような症状が出てくることである。

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

アダルトチルドレンとカウンセリング

アダルトチルドレンという言葉は一度は聞いたことがある言葉ではないだろうか。本来adult c

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

ADHDとカウンセリング

ADHD(attention deficit hyperactive disorders)は

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

更年期障害とカウンセリング

更年期障害の多くは自律神経系の症状が多くの場合出てくる。気分が変動する事、めまい、いら立つ事

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

妄想とカウンセリング

妄想という言葉はよく使われるものである。軽い気持ちで相手に対して「それは妄想だよ」と言ったり

記事を読む

  • メールカウンセリングのお申込みはこちら
  • クレジット払いも可能です。
  • モバイル限定割引
  • 相談の”輪”キャンペーン。
  • うつ病チェックツール
  • 審査登録されている優良相談室。
  • 日本カウンセリング学会会員ホームページ
  • 日本産業カウンセラー協会会員
  • メールカウンセリング料金の秘密
PAGE TOP ↑