• メールカウンセリングルームREST

うつ病とカウンセリング

ルームRESTのロゴマーク

「うつ」は日常で使われる用語であって、それだけでは心の病とは判断できない。うつ状態は精神疾患・ストレスによるもの・性格・精神病に起因するもの様々な要因で”うつ状態”にはなるものである。

では「うつ病」とはどういう症状が顕著に現れてくるものか・・・。
人それぞれ違うもので”この症状があるからうつ病”とは言えないのが前提ですが・・・。
・言語・動作ともゆっくり(精神運動制止)
・死にたいという思い
・将来に対してや周囲の状況・自分自身に対して悲観的
・睡眠困難
・食欲減退
・ミスが多くなる
・全身がだるく感じる
・・・・などなど。

こうした変化については本人では気づかないこともあったり、「こんなはずではないのでもっと頑張らなければ・・・」と無理をすることもある。
そうしたことを考えると、周囲が”いつもと何か違う”と感じたなら、早めに専門家に相談するようにすることが望ましい。

うつ病は休養することや薬物療法やカウンセリングによって、改善されることを本人や周囲がしっかり理解しておくことも大切ということになる。

メールカウンセリングによって苦しい気持ちに寄り添い、心の力を出していく為に何をしていけるか、話し合っていきます。
うつ病は「心の風邪」と言われる事もありますが、その表現は”ほっておけば治る”と誤解されがちでもあります。
カウンセリングによる対応、専門家による対応がなければ、悪化させる事になりかねません。
メールカウンセリングは誰にも気づかれずに相談しやすいものでもあります。早期発見・早期対応も大切です。お気軽にご相談頂きたいと願っております。

関連記事

ルームRESTのロゴマーク

多重人格とカウンセリング

多重人格は二重人格とも呼ばれる。映画やドラマ等に登場する事も多々あるためにご存知の言葉と思う

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

アスペルガー症候群とカウンセリング

アスペルガー症候群は少し前から”アスペルガー”という名前が知れ渡っている症候群である。 対

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

ADHDとカウンセリング

ADHD(attention deficit hyperactive disorders)は

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

境界性人格障害とカウンセリング

境界パーソナリティ障害(borderline personality disorder)と関

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

醜形恐怖症とカウンセリング

自分の身体に関して、客観的に異常が見られない中にあって、自己の身体の一部分(顔・髪・顎・足・

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

恐怖症とカウンセリング

一般的に危険でも脅威でもない状況や対象に対して、不相応な恐怖を感じ、自分でも合理的でないと思

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

躁うつ病(双極性感情障害)とカウンセリング

躁うつ病(双極性感情障害)は、その名の通りに”躁”状態と”うつ”状態を繰り返す病状となる。躁

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

PTSDとカウンセリング

外傷後ストレス障害・PTSDとして知られるようになっているものについて。 極端な外傷になる

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

パニック障害とカウンセリング

パニック発作を伴うパニック障害は患者当人にとってとてつもなく不安になる経験となる。 乗り物

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

自律神経失調症とカウンセリング

自律神経失調症は精神医学的な診断名ではない。原因が不明な状況で不安定な身体症状を訴える際に、

記事を読む

  • メールカウンセリングのお申込みはこちら
  • クレジット払いも可能です。
  • *お申込み頂きながらも、メールアドレスの間違いや迷惑メール設定によって、折り返しご連絡が取れないことが多くなっております。その際は、会社案内ページに記載してあるメールアドレスまでご連絡下さい。

  • モバイル限定割引
  • 相談の”輪”キャンペーン。
  • うつ病チェックツール
  • 審査登録されている優良相談室。
  • 日本カウンセリング学会会員ホームページ
  • 日本産業カウンセラー協会会員
  • メールカウンセリング料金の秘密
PAGE TOP ↑