• メールカウンセリングルームREST

統合失調症について

公開日: : 最終更新日:2015/02/06 心の病

ルームRESTのロゴマーク

統合失調症は以前に精神部列病と呼ばれていた病名が訂正されたものである。
症状は大きく分けて二つの面に分類される。

・陽性症状;幻覚・妄想・思考障害・自我障害など。
・陰性症状;引きこもり・感情の平板化・無関心など。

思春期青年期に発症しやすく原因がはっきりとはつかめていない病気である。
知的能力が喪失していると思われることもあるが、決してそのことと混同してはいけないもので、”敏感すぎる”こと”慎重すぎること”とイメージするほうがこの病気を理解しやすくなる。
例えば何か物音がした時に、普段気にしないものであっても、この病気の為に気になりそれが声のように聴こえたりする・・・これが幻覚となる。
そうした理解をしていくことで、患者は理解されたと安心感を得られることも多い。

メールカウンセリングでは、より一層患者を受け入れ安心感を得られるように、話に耳を傾け、どのように行動すれば周囲が認めてくれるか・・・考えていきながら生活しやすさを求めていきます。

関連記事

ルームRESTのロゴマーク

PTSDとカウンセリング

外傷後ストレス障害・PTSDとして知られるようになっているものについて。 極端な外傷になる

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

多重人格とカウンセリング

多重人格は二重人格とも呼ばれる。映画やドラマ等に登場する事も多々あるためにご存知の言葉と思う

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

摂食障害とカウンセリング

摂食障害とは、何らかの器質的疾患やうつ病など精神疾患に起因するものではない、精神的な原因によ

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

妄想とカウンセリング

妄想という言葉はよく使われるものである。軽い気持ちで相手に対して「それは妄想だよ」と言ったり

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

自殺対策について

「自殺したい」と打ち明けられることは、衝撃的でもあり動揺するのが自然な心の働きでもあると思い

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

不安障害とカウンセリング

不安神経症については二つの面が見られる。 ・何か悪いことが起こってしまうのではないかといっ

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

うつ病と運動による予防について

うつ病は日常生活のリズムの変化を生み出すことになります。睡眠リズムの変化であったり、食生活の

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

醜形恐怖症とカウンセリング

自分の身体に関して、客観的に異常が見られない中にあって、自己の身体の一部分(顔・髪・顎・足・

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

アスペルガー症候群とカウンセリング

アスペルガー症候群は少し前から”アスペルガー”という名前が知れ渡っている症候群である。 対

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

幻覚とカウンセリング

幻覚は何かの対象物などのない知覚と定義できる。対象が存在しないのに、何かが触ったと感じたり、

記事を読む

  • メールカウンセリングのお申込みはこちら
  • クレジット払いも可能です。
  • モバイル限定割引
  • 相談の”輪”キャンペーン。
  • うつ病チェックツール
  • 審査登録されている優良相談室。
  • 日本カウンセリング学会会員ホームページ
  • 日本産業カウンセラー協会会員
  • メールカウンセリング料金の秘密
PAGE TOP ↑