• メールカウンセリングルームREST

PTSDとカウンセリング

公開日: : 最終更新日:2015/02/06 心の病 , , ,

ルームRESTのロゴマーク

外傷後ストレス障害・PTSDとして知られるようになっているものについて。
極端な外傷になるような出来事に遭遇した直後に起きる精神的障害として、「急性ストレス障害」というカテゴリが診断基準で設けられている。
急性ストレス障害はその出来事から4週間以内に起こり最低でも2週間、最大で4週間不安や感情麻痺などが続く状態を主な特徴とする精神疾患である。

この症状は4週間以内でおさまる事もあるが、それ以上続く時に「外傷後ストレス障害」へ診断名が変更される。

PTSDは過剰に警戒心が高まったり、睡眠不足や覚醒亢進によってイライラしやすくなり、絶望感を感じたり強い恐怖に襲われたりする。また、外傷となった出来事を避けようとするようにもなる。
原因となる強い外傷というのは、人にも異なり断定的な定義は出来ないが、地震など自然災害であったり事故やテロ、拷問、監禁、性的暴行などの体験を挙げることもできる。
治療としては薬物療法と心理療法とを併用することが多い。外傷直後などリラクセーションなど気持ちを安らげることや、無理強いは良くないが外傷体験を話し合うことも役立つことになる。

メールカウンセリングは”いつでも辛い気持ちを話せる”という安心感を抱く事が出来るものです。外傷後ストレス障害に向き合う事は、時に苦しさを感じるものでもありますが、その気持ちを理解し共有してくれていると思える相手がいることは安心感に繋がるものです。
普段からメールカウンセリングで気持ちを話す習慣を持つこともこの障害に向き合う上で良いことです。

関連記事

ルームRESTのロゴマーク

恐怖症とカウンセリング

一般的に危険でも脅威でもない状況や対象に対して、不相応な恐怖を感じ、自分でも合理的でないと思

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

人格障害とカウンセリング

人格(personality)というのは、一貫性ある認知・感情・行動のあり方であるが、それが

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

心身症とカウンセリング

心身症とは簡単に表現すれば、心理的関与を推測できる生理的反応(頭痛や胃潰瘍など)が慢性化・習

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

統合失調症について

統合失調症は以前に精神部列病と呼ばれていた病名が訂正されたものである。 症状は大きく分けて

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

自律神経失調症とカウンセリング

自律神経失調症は精神医学的な診断名ではない。原因が不明な状況で不安定な身体症状を訴える際に、

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

ADHDとカウンセリング

ADHD(attention deficit hyperactive disorders)は

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

癌患者とカウンセリング

サイコオンコロジー(psyco-oncology)という分野は、主に悪性腫瘍いわゆる癌に対し

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

境界性人格障害とカウンセリング

境界パーソナリティ障害(borderline personality disorder)と関

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

妄想とカウンセリング

妄想という言葉はよく使われるものである。軽い気持ちで相手に対して「それは妄想だよ」と言ったり

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

うつ病と運動による予防について

うつ病は日常生活のリズムの変化を生み出すことになります。睡眠リズムの変化であったり、食生活の

記事を読む

  • メールカウンセリングのお申込みはこちら
  • クレジット払いも可能です。
  • モバイル限定割引
  • 相談の”輪”キャンペーン。
  • うつ病チェックツール
  • 審査登録されている優良相談室。
  • 日本カウンセリング学会会員ホームページ
  • 日本産業カウンセラー協会会員
  • メールカウンセリング料金の秘密
PAGE TOP ↑