• メールカウンセリングルームREST

幻覚とカウンセリング

公開日: : 最終更新日:2015/02/06 心の病

ルームRESTのロゴマーク

幻覚は何かの対象物などのない知覚と定義できる。対象が存在しないのに、何かが触ったと感じたり、何かが聴こえたり、何かが臭ったりする。
幻覚といっても、幻視・幻聴・幻味・幻臭・幻触・体感幻覚など分類は多い。

その中でもメールカウンセリングの臨床上で多いのは幻聴の相談が幾分多いと感じる。幻聴といっても、自分の考えなどが声となって聴こえるという訴えや誰かが自分のことを話題にして話し合っている声が聴こえると言うものや、いつも批判されている声が聴こえると訴えるなど様々な幻聴がある。

メールカウンセリングではその幻覚の内容をよく聴きながら、何が幻覚として知覚されているのか見定め、アプローチしていく。
幻覚は周囲に対象物が見えなくても、患者当人にとっては確かな知覚によっての行動なので、それを理解していくことが必要である。

関連記事

うつ病チェックツール

うつ病とカウンセリング

「うつ」は日常で使われる用語であって、それだけでは心の病とは判断できない。うつ状態は精神疾患

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

恐怖症とカウンセリング

一般的に危険でも脅威でもない状況や対象に対して、不相応な恐怖を感じ、自分でも合理的でないと思

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

うつ病と運動による予防について

うつ病は日常生活のリズムの変化を生み出すことになります。睡眠リズムの変化であったり、食生活の

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

冬季うつ病とカウンセリング

冬季うつ病というのは、その名のとおりに冬の時期にうつ病のような症状が出てくることである。

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

統合失調症について

統合失調症は以前に精神部列病と呼ばれていた病名が訂正されたものである。 症状は大きく分けて

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

多重人格とカウンセリング

多重人格は二重人格とも呼ばれる。映画やドラマ等に登場する事も多々あるためにご存知の言葉と思う

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

妄想とカウンセリング

妄想という言葉はよく使われるものである。軽い気持ちで相手に対して「それは妄想だよ」と言ったり

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

PTSDとカウンセリング

外傷後ストレス障害・PTSDとして知られるようになっているものについて。 極端な外傷になる

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

摂食障害とカウンセリング

摂食障害とは、何らかの器質的疾患やうつ病など精神疾患に起因するものではない、精神的な原因によ

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

躁うつ病(双極性感情障害)とカウンセリング

躁うつ病(双極性感情障害)は、その名の通りに”躁”状態と”うつ”状態を繰り返す病状となる。躁

記事を読む

  • メールカウンセリングのお申込みはこちら
  • クレジット払いも可能です。
  • モバイル限定割引
  • 相談の”輪”キャンペーン。
  • うつ病チェックツール
  • 審査登録されている優良相談室。
  • 日本カウンセリング学会会員ホームページ
  • 日本産業カウンセラー協会会員
  • メールカウンセリング料金の秘密
PAGE TOP ↑