• メールカウンセリングルームREST

幻覚とカウンセリング

公開日: : 最終更新日:2015/02/06 心の病

ルームRESTのロゴマーク

幻覚は何かの対象物などのない知覚と定義できる。対象が存在しないのに、何かが触ったと感じたり、何かが聴こえたり、何かが臭ったりする。
幻覚といっても、幻視・幻聴・幻味・幻臭・幻触・体感幻覚など分類は多い。

その中でもメールカウンセリングの臨床上で多いのは幻聴の相談が幾分多いと感じる。幻聴といっても、自分の考えなどが声となって聴こえるという訴えや誰かが自分のことを話題にして話し合っている声が聴こえると言うものや、いつも批判されている声が聴こえると訴えるなど様々な幻聴がある。

メールカウンセリングではその幻覚の内容をよく聴きながら、何が幻覚として知覚されているのか見定め、アプローチしていく。
幻覚は周囲に対象物が見えなくても、患者当人にとっては確かな知覚によっての行動なので、それを理解していくことが必要である。

関連記事

ルームRESTのロゴマーク

癌患者とカウンセリング

サイコオンコロジー(psyco-oncology)という分野は、主に悪性腫瘍いわゆる癌に対し

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

統合失調症について

統合失調症は以前に精神部列病と呼ばれていた病名が訂正されたものである。 症状は大きく分けて

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

自律神経失調症とカウンセリング

自律神経失調症は精神医学的な診断名ではない。原因が不明な状況で不安定な身体症状を訴える際に、

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

境界性人格障害とカウンセリング

境界パーソナリティ障害(borderline personality disorder)と関

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

自殺対策について

「自殺したい」と打ち明けられることは、衝撃的でもあり動揺するのが自然な心の働きでもあると思い

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

躁うつ病(双極性感情障害)とカウンセリング

躁うつ病(双極性感情障害)は、その名の通りに”躁”状態と”うつ”状態を繰り返す病状となる。躁

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

PTSDとカウンセリング

外傷後ストレス障害・PTSDとして知られるようになっているものについて。 極端な外傷になる

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

恐怖症とカウンセリング

一般的に危険でも脅威でもない状況や対象に対して、不相応な恐怖を感じ、自分でも合理的でないと思

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

パニック障害とカウンセリング

パニック発作を伴うパニック障害は患者当人にとってとてつもなく不安になる経験となる。 乗り物

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

冬季うつ病とカウンセリング

冬季うつ病というのは、その名のとおりに冬の時期にうつ病のような症状が出てくることである。

記事を読む

  • メールカウンセリングのお申込みはこちら
  • クレジット払いも可能です。
  • モバイル限定割引
  • 相談の”輪”キャンペーン。
  • うつ病チェックツール
  • 審査登録されている優良相談室。
  • 日本カウンセリング学会会員ホームページ
  • 日本産業カウンセラー協会会員
  • メールカウンセリング料金の秘密
PAGE TOP ↑