• メールカウンセリングルームREST

妄想とカウンセリング

公開日: : 最終更新日:2015/02/06 心の病 ,

ルームRESTのロゴマーク

妄想という言葉はよく使われるものである。軽い気持ちで相手に対して「それは妄想だよ」と言ったりする事もあるだろう。
しかし、カウンセリングに相談に来られる方の妄想と言うものは、そうした軽さを感じるものではなく、強い確信の伴ったもので、周囲から否定されても訂正する事が出来ないほどの確信を持ってもっている。病識がない、ということになる。
周囲からするとその訴えは、論理的ではなく納得いかないものである。

ただそれが妄想かどうかはカウンセリングの中でその患者の生育歴や文化、所属団体等を考慮に入れる必要もある。
例えば、地球が丸いというのは現在誰もが分かる事実だが、宇宙に人が行く前の時代、地が丸いと言う科学的証明がなされていない時代の人たちが、「地球は平らだ」・・・と言ってもそれは妄想とはならない。

また、記憶障害や痴呆が疑われる場合も”妄想”とは切り離して考える必要もある。

患者にとって妄想は「正しく」、周囲に分かってもらおうと努力するものである。それを分かってもらえない時に、イライラしたり、落ち込んだり、憂うつになったりする。

メールカウンセリングにおいては、患者の訴えをまずよく聴くことが必要になってくる。そして、患者は自分の妄想を正しいものとして訴えてくるので、何が正しく、何が妄想の部分かを明確にしていく必要もある。
そして、先にも述べたが、多くの場合訴えは論理的ではないので、カウンセリングを通して論理的な思考が出来るように、思考へのアプローチを行っていく。それと共に、現在の生活上の適応できていない部分を修正し、生活に喜びを感じられるようにしていく。

関連記事

うつ病チェックツール

うつ病とカウンセリング

「うつ」は日常で使われる用語であって、それだけでは心の病とは判断できない。うつ状態は精神疾患

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

恐怖症とカウンセリング

一般的に危険でも脅威でもない状況や対象に対して、不相応な恐怖を感じ、自分でも合理的でないと思

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

アスペルガー症候群とカウンセリング

アスペルガー症候群は少し前から”アスペルガー”という名前が知れ渡っている症候群である。 対

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

パニック障害とカウンセリング

パニック発作を伴うパニック障害は患者当人にとってとてつもなく不安になる経験となる。 乗り物

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

摂食障害とカウンセリング

摂食障害とは、何らかの器質的疾患やうつ病など精神疾患に起因するものではない、精神的な原因によ

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

アダルトチルドレンとカウンセリング

アダルトチルドレンという言葉は一度は聞いたことがある言葉ではないだろうか。本来adult c

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

自律神経失調症とカウンセリング

自律神経失調症は精神医学的な診断名ではない。原因が不明な状況で不安定な身体症状を訴える際に、

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

PTSDとカウンセリング

外傷後ストレス障害・PTSDとして知られるようになっているものについて。 極端な外傷になる

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

心身症とカウンセリング

心身症とは簡単に表現すれば、心理的関与を推測できる生理的反応(頭痛や胃潰瘍など)が慢性化・習

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

ADHDとカウンセリング

ADHD(attention deficit hyperactive disorders)は

記事を読む

  • メールカウンセリングのお申込みはこちら
  • クレジット払いも可能です。
  • モバイル限定割引
  • 相談の”輪”キャンペーン。
  • うつ病チェックツール
  • 審査登録されている優良相談室。
  • 日本カウンセリング学会会員ホームページ
  • 日本産業カウンセラー協会会員
  • メールカウンセリング料金の秘密
PAGE TOP ↑