• メールカウンセリングルームREST

パニック障害とカウンセリング

公開日: : 最終更新日:2015/02/06 心の病 ,

ルームRESTのロゴマーク

パニック発作を伴うパニック障害は患者当人にとってとてつもなく不安になる経験となる。
乗り物を途中下車することになったり、買い物で並んでいたレジで不安が強まりいたたまれなくなったり・・・。

振り返ったときに「その時は死んでしまうような気がして、じっとしていられなかった。」という感想に、同調されることと思います。

このパニック障害に関して、認知療法は有効な手段とされています。メールカウンセリングにおいても認知療法的手法によってアプローチしていきます。
不安記録表などを作っていき、カウンセラーとそれをもとに話し合っていきながら、どんな思考によって不安を生じさせているのかを見つけ出し、思考を再構築していきます。

関連記事

ルームRESTのロゴマーク

更年期障害とカウンセリング

更年期障害の多くは自律神経系の症状が多くの場合出てくる。気分が変動する事、めまい、いら立つ事

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

冬季うつ病とカウンセリング

冬季うつ病というのは、その名のとおりに冬の時期にうつ病のような症状が出てくることである。

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

境界性人格障害とカウンセリング

境界パーソナリティ障害(borderline personality disorder)と関

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

人格障害とカウンセリング

人格(personality)というのは、一貫性ある認知・感情・行動のあり方であるが、それが

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

躁うつ病(双極性感情障害)とカウンセリング

躁うつ病(双極性感情障害)は、その名の通りに”躁”状態と”うつ”状態を繰り返す病状となる。躁

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

心身症とカウンセリング

心身症とは簡単に表現すれば、心理的関与を推測できる生理的反応(頭痛や胃潰瘍など)が慢性化・習

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

摂食障害とカウンセリング

摂食障害とは、何らかの器質的疾患やうつ病など精神疾患に起因するものではない、精神的な原因によ

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

うつ病と運動による予防について

うつ病は日常生活のリズムの変化を生み出すことになります。睡眠リズムの変化であったり、食生活の

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

自律神経失調症とカウンセリング

自律神経失調症は精神医学的な診断名ではない。原因が不明な状況で不安定な身体症状を訴える際に、

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

恐怖症とカウンセリング

一般的に危険でも脅威でもない状況や対象に対して、不相応な恐怖を感じ、自分でも合理的でないと思

記事を読む

  • メールカウンセリングのお申込みはこちら
  • クレジット払いも可能です。
  • モバイル限定割引
  • 相談の”輪”キャンペーン。
  • うつ病チェックツール
  • 審査登録されている優良相談室。
  • 日本カウンセリング学会会員ホームページ
  • 日本産業カウンセラー協会会員
  • メールカウンセリング料金の秘密
PAGE TOP ↑