• メールカウンセリングルームREST

境界性人格障害とカウンセリング

公開日: : 最終更新日:2015/02/06 心の病 ,

ルームRESTのロゴマーク

境界パーソナリティ障害(borderline personality disorder)と関連付けられる患者は臨床上よくカウンセリングに訪れる。
うつ状態や対人関係の問題を繰り返す事・自殺をほのめかす事・過食等を訴えることなどの多くでこの境界例が疑われることがある。
”borderline”という言葉自体が有名となり、気軽にこの言葉を用いる風潮も見られるのが現状と言える。

この境界性人格障害の特徴は、対人関係や感情の不安定さや予期しないところでの衝動性があらわれる。
心理としては、”見捨てられることを避ける”ために行動したりその努力をしようとする。
周りの変化に敏感に反応して、一時の別れに関しても、見捨てられるという恐怖感を抱いたり、そのことから怒りを表したりする事がある。
見捨てられることを避けようとする行動に、自らを傷つける行動を取ったり、自殺企図など衝動的にあらわす為に周囲は困惑することが多い。

自我の不安定さによって、目標や価値観等が突然に変わることもある。

メールカウンセリングにおいては、まずは治療関係を安定なものとするように心がける事になる。治療関係という枠組みを安定させることで、見捨てられる恐怖感を和らげ、支持的な援助を行えるようにする。また、現状で危機的な場面に陥っている事も少なくないので、その状況にどのように対応できるかカウンセリングを通して考え、適応を図っていくようにする。

関連記事

ルームRESTのロゴマーク

更年期障害とカウンセリング

更年期障害の多くは自律神経系の症状が多くの場合出てくる。気分が変動する事、めまい、いら立つ事

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

多重人格とカウンセリング

多重人格は二重人格とも呼ばれる。映画やドラマ等に登場する事も多々あるためにご存知の言葉と思う

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

不安障害とカウンセリング

不安神経症については二つの面が見られる。 ・何か悪いことが起こってしまうのではないかといっ

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

人格障害とカウンセリング

人格(personality)というのは、一貫性ある認知・感情・行動のあり方であるが、それが

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

ADHDとカウンセリング

ADHD(attention deficit hyperactive disorders)は

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

躁うつ病(双極性感情障害)とカウンセリング

躁うつ病(双極性感情障害)は、その名の通りに”躁”状態と”うつ”状態を繰り返す病状となる。躁

記事を読む

うつ病チェックツール

うつ病とカウンセリング

「うつ」は日常で使われる用語であって、それだけでは心の病とは判断できない。うつ状態は精神疾患

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

アスペルガー症候群とカウンセリング

アスペルガー症候群は少し前から”アスペルガー”という名前が知れ渡っている症候群である。 対

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

統合失調症について

統合失調症は以前に精神部列病と呼ばれていた病名が訂正されたものである。 症状は大きく分けて

記事を読む

ルームRESTのロゴマーク

妄想とカウンセリング

妄想という言葉はよく使われるものである。軽い気持ちで相手に対して「それは妄想だよ」と言ったり

記事を読む

  • メールカウンセリングのお申込みはこちら
  • クレジット払いも可能です。
  • モバイル限定割引
  • 相談の”輪”キャンペーン。
  • うつ病チェックツール
  • 審査登録されている優良相談室。
  • 日本カウンセリング学会会員ホームページ
  • 日本産業カウンセラー協会会員
  • メールカウンセリング料金の秘密
PAGE TOP ↑